ロマサガRSの仕様未分類

【ロマサガRS】モラルダウンって何?防御強化やガードアップと軽減効果はどう違う?

ロマサガRSの仕様
スポンサーリンク

9/10のガチャで追加されたメリッサ

が新しい状態「モラルダウン」が持って実装されました

スポンサーリンク

モラルダウンとは

※特殊な攻撃弱化

・モラルダウン

「モラルダウン」同士の効果は重複せず、最も大きい効果が優先されます。

 <モラルダウンの種類>

 ・モラルダウン(小)

 ・モラルダウン(中)

 ・モラルダウン(大)

※術「再生光」やアビリティ「デトックス」などによる状態異常を解除する効果では解除できません。

https://info.rs.aktsk.jp/help/detail/110034

敵の攻撃を弱化させることで、被ダメージを抑えることができます

モラルダウン(小)の効果は?

モダルダウン(小)はアビリティ係数-15%です

味方が聖石+15%をつけた時と同じ計算式で、-15%が付与されます

防御強化やガードアップと異なり、ダメージ結果から-15%されるのとは若干意味が異なります。

ガードアップや防御軽減とどう違う?

モラルダウンのー15%はダメージ乱数が「マイナス方向に15変動」します

敵腕力200、技威力19、Rank40、味方体力188、耐性0、軽減0%の場合のダメージ乱数はこのようになります

乱数102083
乱数92063
乱数82043
乱数72023
乱数62003
乱数51983
乱数41963
乱数31943
乱数21923
乱数11903

モラルダウンは、この乱数が15下がって、乱数 -14 〜 -5の範囲のダメージになります

乱数01883
乱数-11863
乱数-21843
乱数-31823
乱数-41803
乱数-51782←ここから
乱数-61762
乱数-71742
乱数-81722
乱数-91702
乱数-101682
乱数-111662
乱数-121642
乱数-131622
乱数-141602←ここまで

一方、防御効果やガードアップは「ダメージ計算後の値に軽減率をかける」という計算がされます

ガードアップとモラルダウン、ダメージ軽減はどちらが大きい?

ガードアップとモラルダウンで同じ15%を比較すると

通常ガードアップ
15%
モラルダウン
15%
比率
乱数102083177017820.993
乱数92063175317620.994
乱数82043173617420.996
乱数72023171917220.998
乱数62003170217021
乱数51983168516821.001
乱数41963166816621.003
乱数31943165116421.005
乱数21923163416221.007
乱数11903161716021.009

(正確にはガードアップ小は12%なので、防御強化小=15%が適切)

乱数が高い場合は、ガードアップの方が効果が高く
乱数が低い場合は、モラルダウンの方が効果が高いという結果になりましたけど

ほぼ誤差で軽減率は同じと考えて良さそうです

防御強化などの重ね掛けとモラルダウンはどっちが効果が大きい?

聖石、聖石、防御強化をベースとして追加で
防御強化 小(15%)をかけた場合
モラルダウン 小(15%)をかけた場合

どちらが軽減効果が大きいのか調べてみます

合計軽減率

ダメージ軽減率は乗算でかかっていきます

軽減率合計軽減率被ダメージ
聖石10%10.0%90.0%
聖石10%19.0%81.0%
防御強化(特大)50%59.5%40.5%
防御強化(小)15%65.6%34.4%

そのため、他に防御効果がある場合は防御効果(小)の軽減は15%に満たない結果になります
(表の場合は追加6.1%軽減)

モラルダウンとの比較

・通常=基本のダメージ
・モラルダウン(通常)=基本のダメージから攻撃側ー15%された状態
・防御強化(ベース)=聖石+聖石+防御強化(特大)で59.5%軽減された状態
・モラルダウン=モラルダウンされたダメージを59.5%軽減した状態
・防御強化=聖石+聖石+防御強化(特大)+防御強化(小)で65.6%軽減した状態

通常防御強化
(ベース)
防御強化モラル
ダウン
(通常)
モラルダウン比率
乱数10208384471717827220.993
乱数9206383671017627140.995
乱数8204382770317427060.996
乱数7202381969617226970.998
乱数6200381169017026891.000
乱数5198380368316826811.002
乱数4196379567616626731.003
乱数3194378766916426651.005
乱数2192377966216226571.007
乱数1190377165516026491.009

結果は、前回と同じで

乱数が高い場合は、防御強化の方が効果が高く
乱数が低い場合は、モラルダウンの方が効果が高いという結果になりましたけど

ほぼ誤差で防御強化やガードアップがあっても軽減率は同じと考えて良さそうです

その他

弱体破りと強化破り

テキストに書いてある通り

弱体破り・強化破り共に
・攻撃強化、攻撃弱化
・モラルアップ、モラルダウン
・防御強化、防御弱化
・ガードアップ
といった効果には影響しない

結論

モラルダウン(小)の15%は、ダメージ軽減の15%(防御強化(小))と同等と考えてよい

モラルダウンのメリット

剥がれにくい

モラルダウンは敵にかけるため、基本的には解除されません

防御強化やガードアップは気絶で効果がなくなるのはもちろんスタン、マヒ、眠り、石化などの状態異常になっている間も無効になるので結構簡単に防御強化やガードアップの効果は失われます

モラルダウンのデメリット

攻撃ミスすると付与できない

攻撃命中時モラルダウン発生の場合、そもそもミスしてしまうと効果がありません
味方相手なので必中のガードアップや防御強化ではこの心配はありません

調査結果は以上です💡

あんまり細かいことは気にしなくて良さそうです(*º꒳​º)


スポンサーリンク
ロマサガRS攻略まとめ 開発ブログ

コメント

  1. アバター匿名 より:

    そのうち弱体破りとは別にモラルダウン破りとか出てきそう

  2. アバター匿名 より:

    防御効果やガードアップが、気絶はともかくスタンでも解除されるのは始めて知った・・・

    • nAonAo より:

      すみません、正確には「スタンすると、そのターンは防御強化やガードアップの効果がなくなる」です

      剥がれると書くと、効果の残りターン数が余ってても消えてしまいそうですね_:(´ཀ`」 ∠):_

  3. アバターゆな より:

    モラルダウンは弱体破りで解除されませんか?

タイトルとURLをコピーしました